ONDA総合カタログVol.37 2017-2018 株式会社オンダ製作所
7/472

.後付け可能.後付け可能11223344.優れた施工性.優れた施工性.コストダウン.コストダウン.屋外対応.屋外対応スポットカバーは後付け可能なので、急な漏水トラブルにも手持ちの継手で配管し、後日必要なカバーを準備して施工することができます。スペーサーも分割でき、後付け可能です。1.配管2.スポットカバーを被せる配管モールを使用した場合に比べて、コストダウンになります。(当社比)〈裏側〉〈表側〉ビス止め位置自在スポットカバーなら、コストを抑え、簡単・安全・キレイを実現!材質は耐候性グレードで、屋外施工に対応しています。スポットカバー内部のリブが被覆材を保持するため、抜けを防止します。(適合樹脂管:5mm被覆 呼び13)・・座が広く、施工する外壁の状況に合わせて自由にビス止めできます。固定位置の目安としてビス止めガイドもついています。シンプルな形状でコーキングがしやすいです。・・【見積り条件】例:給水5系統(台所、トイレ、洗面、浴室、洗濯)、給湯3系統(台所、洗面、浴室)、配管長さ合計20m配管モール 給水・給湯合計 135,240円配管モール・被覆カポリパイプW・ダブルロックジョイント(黄銅製)スポットカバー(樹脂管)スポットカバー(アルミ三層管)給水・給湯合計  56,680円給水・給湯合計 97,460円スポットカバー・被覆カポリパイプW(耐候性仕様)・ダブルロックジョイントP(樹脂製)スポットカバー・被覆カポリメタルパイプ(耐候性仕様)・カポリメタルジョイント樹脂管の場合約50%コストダウンビス止めガイド5mm被覆樹脂管リブ抜け防止スポットカバーシステムコスト見栄え見栄えは良いがコストがかかる・・・コストは低いが、見栄えが悪い・・・※耐候性がなく 露出配管に不適配管モール耐候性のない部材スポットカバーシステム(良)(悪)(低)(高)〈裏側〉〈表側〉ビス止め位置自在ビス止めガイド5mm被覆樹脂管カポリメタルジョイント屋外対応不適切な配管 耐候性のない部材による露出配管従来の配管 露出部全てをカバーする配管安全性 耐候性のない部材は、紫外線劣化による漏水の危険性が高いため、屋外露出配管には不適切です。コスト・施工性耐候性があり、見栄えも良い配管ですが、コストがかかります。また、配管前に予めベースを設置する手間がかかります。P203〜2216

元のページ 

page 7

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です