ONDA総合カタログVol.37 2017-2018 株式会社オンダ製作所
419/472

2017-2018年度版 総合カタログ索 引取扱説明書免責事項・安全に関するご注意技術資料各種認証参考資料・索引9418クイックジョイント(P239〜244)抜粋 クイックファスナーはサイズにより、2Q-QF14-SET(14刻印入り)、または2Q-QF20-SET(20刻印入り)を使用して下さい。 付属されているファスナーカバーを必ず取付けて下さい。ファスナーカバーは継手及びクイックファスナーが正しく取付けられているかどうかの確認、クイックファスナーが単独の場合よりもはずれにくくする効果、クイックファスナー端部角でのケガ防止用です。 ファスナーカバー取付け後は、踏みつけ等によるカバーの欠落を防止するため、カバーが地面又は壁面方向に位置する ようにして下さい。配管モール (ベース)配管モール(ベース)配管モール(ベース)配管モール(カバー)アダプター 給水栓エルボ 自在エルボ(カバー)自在エルボ(ベース)45mm 25mm 23mm 50mm 配管モール(P225〜238)高所での作業は、必ず安定した足場の確保、安全具の着用等、落下防止対策を行い、周辺の安全の確認等を行ってから作業して下さい。配管モール、付属品の残材等は焼却処分しないで下さい。※燃やすと有毒ガスが発生し、人体に重大な影響を及ぼす恐れがあります。配管モールカッター等を使用して配管モールを切断する際には、保護手袋・保護眼鏡等の安全具を着用して下さい。※破片が飛ぶ等でケガをする恐れがあります。配管モール、付属品は給水配管(水道用塩化ビニル管)用、給水・給湯配管(架橋ポリエチレン管)用です。その他、適用外の目的には使用しないで下さい。※適用外の目的に使用すると初期の性能を発揮できない恐れがあります。配管モール、付属品は60℃以上になる場所に放置したり、保管したりしないで下さい。熱により変形する恐れがあります。【特記事項】1.障害物(まわり縁)と配管の交差部3.ガスレンジ付近の配管4.面違い(ねじれ)配管2.押入れ等の配管●スペーサーを用いて配管する場合は、スペーサーの厚さ (5mm・10mm)と障害物の高さとを照らし合わせ、スペーサー を必要枚数重ねて使用します。●ガスレンジ付近では他の箇所に比べて高温となります。ガスレンジの熱による給水管の変形の防止や性能の確保のために、配管経路や配管部材を考慮の上配管します。特に直接配管に熱の影響を受ける恐れがある場所では、給水管の性能を著しく損なう恐れがあるため、その場所を避け、迂回配管を行って下さい。 ※さらに保護が必要な場合はステンレスカバー  (品番:RMSK)をご使用下さい。●天井や梁、障害物周辺では配管経路の都合上、面違い(ねじれ)配管が発生することがあります。その場合には施工が容易で、省部材な自在エルボ(品番:RMFE)を使用します。①予め壁・梁等の角から各々23・25mmの位置に配管経路を示す墨出しを行って下さい。②壁・梁等の角から各々45・50mmの位置に配管モール本体(ベース)の端面を合わせ、仮固定して下さい。③自在エルボ(ベース)の一方を配管モール(べース)に合わせてビス固定して下さい。④給水管とエルボとの接続後、配管モール(べース)にはめ込みます。⑤配管モール本体のカバーをはめ込んでから、自在エルボのカバーをはめ、継ぎ目にアダプターをはめ込み、化粧します。押入れ等の場所では、室内でも特に温度と湿度が高くなる恐れがあり、また常時確認できないため、万全を期するためにも別途結露対策を施します。①保 温 材:性能(保温材)・条件(気温、湿度及び水温)を調査し、確認の上ご使用下さい。②保護カバー:押入れ等の場所では配管に外力が加わることが予想されるため、必要に応じて保護カバー(スッキリライン・モールダクト・スッキリフロート等)を施して下さい。●障害物の高さが7mm(水道用塩化ビニル管使用時)までの場合は、配管モールを下図のように配管します。配管モール (カバー)配管モール(ベース)配管モール (ベース)給水管 スペーサー まわり縁 まわり縁 配管モール (ベース)給水管 配管モール(カバー)●迂回配管する場合●ステンレスカバーを使用する場合配管モールステンレスカバー クイックジョイントは灯油等の油類には使用できません。 実使用においての流体圧力と流体温度は、接続する樹脂管等相手物の性能を確認して下さい。 必ず以下の仕様の範囲内で使用して下さい。 黄銅(C3604、C3771)製、青銅(CAC406、CAC406C)製ともに埋設には使用できません。 クイックジョイントのオーリング交換時は市販のオーリングは使用できません。必ず別売の専用オーリングを使用して下さい。種類最高許容圧力使用温度範囲継手1.75MPa(17.5kgf/cm2)−20℃〜95℃ボールバルブ1.0 MPa(10.0kgf/cm2)圧力、温度仕様表※フレキカットは1.0MPaです。抜粋

元のページ 

page 419

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です