ONDA総合カタログVol.37 2017-2018 株式会社オンダ製作所
418/472

2017-2018年度版 総合カタログ索 引取扱説明書免責事項・安全に関するご注意技術資料各種認証参考資料・索引9417水栓コンセント(P132)抜粋【水栓ボックス取付上の注意事項】 本品は室内用です。 水栓ボックスの当木への固定は必ず2面以上で行って下さい。ガタツキにより部材の破損が生じ、漏水の原因となります。 水栓ボックスの取付位置は水栓ボックスの前面が壁板の内側にきっちりと密着する位置に施工して下さい。施工のズレによりカプラーホースが取付けできなくなるおそれがあります。 水栓ボックスの取付位置と配管の支持固定は500mm程度の間隔で固定し、その間配管に障害を与えない構造として下さい。配管の影響により水栓ボックスの位置がズレ、正しく洗濯機用カプラーホースが取付けできなくなるおそれがあります。【管の接続時の注意事項】 管の接続作業は水栓本体を水栓ボックスに固定した状態では行わないで下さい。増し締め等の作業により水栓ボックスが破損するおそれがあります。 取付け後の耐圧検査は必ずバルブ及びハンドルを閉じ、緊急ストッパーを解除した状態で各部の漏水確認を行って下さい。緊急ストッパーの作動による耐圧検査は器具が破損するおそれがあります。※製品の出荷時はバルブを開いています。【カバープレート取付上の注意事項】 混合水栓用カバープレートの取付け後、水栓本体のカプラー吐水部のつばが完全に露出していることを確認して下さい。不完全な露出は洗濯機用カプラーホースが接続できず漏水を起こします。 単水栓用カバープレートを取付けた際、水栓本体のおねじが3山以上露出しない場合は、水栓本体が基準位置より奥まって固定されている可能性があります。その場合は、水栓本体を固定したビスを緩め、水栓本体を手前に動かし位置を再調整して下さい。【寒冷地での取付けについて】 凍結が予想される際は、水を抜いておいて下さい。凍結破損で漏水し、家財等を濡らす財産損害発生のおそれがあります。【緊急ストッパー取扱い上の注意事項】 万が一、洗濯機用カプラーホースが外れても自動的に漏水を防止する機能を備えておりますが、器具を使用しない時は必ず水栓のハンドルは閉じて下さい。【洗濯機用カプラーホース取扱い上の注意事項】 洗濯機用カプラーホースは必ず日本電機工業会(JEM1206)の規格製品をお使い下さい。シール不足やホース抜けによる漏水の原因となり、家財等を濡らす財産損害発生のおそれがあります。 洗濯機用カプラーホースの接続の際は必ず水栓のハンドルを閉じてから行って下さい。水の飛び散り及び部材破損により、漏水の原因となります。【お手入れについて】 酸性洗剤・塩素系洗剤・鉱物性潤滑油・シンナー・ベンジンなどは樹脂部品を傷めますので使用しないで下さい。本製品はカバープレート等に樹脂製品を使用しております。洗濯機用コンセント(P127〜129)抜粋製品に強い力や衝撃を与えてはいけません。破損してケガをしたり、漏水や故障の原因となります。修理技術者以外の人は分解したり、修理してはいけません。故障や漏水の原因となります。WF1型は必ず下記の適用樹脂管を使用して下さい。適用樹脂管以外をご使用になると、漏水の原因となります。 ・JIS K 6769 架橋ポリエチレン管PN15M種 ・JIS K 6787 水道用架橋ポリエチレン管M種 ・JIS K 6778 ポリブテン管J種 必ず以下の仕様の範囲内で使用して下さい。凍結が予想される場所で使用する場合は、配管部などに保温材を必ず巻いて下さい。また、寒冷地用の場合は、必ず水抜きを行い、凍結予防を確実に行って下さい。部品が破損して漏水するおそれがあります。ボックスのつば部と取付基準面が一致するように注意して取付けて下さい。ボックスと壁裏面との間に隙間や傾きのないことを必ず確 認して下さい。隙間や傾きがあると、カバーとハンドル、ストップカプラーが干渉したり、固定カバーが取付けられなくなるおそれがあります。また、漏水の発見が遅れるおそれがあります。施工後、必ずハンドルを『止』の位置にして、緊急止水弁を押し、圧力を抜いて下さい。ストップカプラーの右記網掛け部は給水ホースとのシール部です。キズが付かないように注意して下さい。ハンドル位置が『止』になっていない状態でストップカプラーを取外すと、水が噴き出しますので注意して下さい。・洗濯機に接続する給水ホース継手は日本電機工業会規格(JEM1206)品をお使い下さい。・給水ホース継手を接続する際は必ずハンドルを『止』の位置にして、緊急止水弁を押し、内圧がかかってないことを確認してから接続して下さい。【安全上のご注意】【ストップカプラー取付時の注意】【使用上のご注意】  ハンドル『止』位置緊急止水弁 パッキンストップカプラー用途使用流体使用圧力範囲使用温度範囲洗濯機用冷温水(上水道水)0.05MPa〜0.75MPa0℃〜40℃圧力、温度仕様表シール部ハンドルは必ずゆっくり操作して下さい。ハンドルを急に閉めると『ドン』という音がして配管に衝撃が加わり、水漏れの原因になるおそれがあります。ハンドルは必ず全閉・全開状態で使用して下さい。洗濯機を使用しないときはハンドルを必ず『止』の位置にして下さい。給水ホースに圧力がかかったままで放置すると、給水ホースが抜けるおそれがあります。【ボックスの取付時の注意】【ボード(壁)施工時の注意】取扱説明書

元のページ 

page 418

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です