ONDA総合カタログVol.37 2017-2018 株式会社オンダ製作所
413/472

2017-2018年度版 総合カタログ索 引取扱説明書免責事項・安全に関するご注意技術資料各種認証参考資料・索引9412免責事項安全に関するご注意(当社製品共通)以下に該当する場合は、一切の責任を負いませんのでご注意下さい。●製品仕様範囲を超えた取付け、及び使用により発生した損害●「カタログ」、「施工マニュアル書」、「取扱説明書」などに記載している注意事項を遵守せずに発生した損害●天変地変により発生した損害●当社以外の第三者による改造、または修理に起因した損害●お客様の誤使用・異常条件下での使用により発生した損害●経年変化(劣化・化学変化・腐食)により発生した損害●接続した機器との組み合わせにより発生した損害●想定し得ない使用環境変化により発生した損害●既設配管の劣化により発生した損害1.漏水による財産損害及び器具の破損 ①凍結による破損凍結が予測される場合には、水抜きまたは保温などの凍結防止策を施して下さい。凍結は漏水や製品の破損の原因となります。 ②使用流体製品の仕様流体内でご使用下さい。仕様流体以外で使用すると製品の機能低下や破損の原因となります。(仕様流体であっても水質等で、製品の劣化が早い場合があります。使用に関しては定期的な機能・漏水点検を行って下さい。) ③使用温度製品の仕様温度内でご使用下さい。仕様温度内でも凍結は不可です。仕様温度外で使用すると製品の機能低下や破損の原因となります。 ④使用圧力製品の仕様圧力内でご使用下さい。仕様圧力を超えて使用すると、製品の性能に悪影響を及ぼす恐れがあります。 ⑤保管、取扱い上の注意直射日光や雨水をさけ、製品の内部にゴミやほこりが入らないようにして下さい。取扱い中における製品の落下などに注意して下さい。損傷によっては漏水や故障の原因になります。 ⑥急操作による破損製品の操作はゆっくり行い、無理な力を加えないで下さい。過度の力は、製品の破損の原因になります。 ⑦誤操作取扱説明書をよく読んで正しくお使い下さい。製品の施工後の傾き修正や再施工の場合、レンチかかり以外の箇所を挟んだりしないで下さい。製品の破損の原因となります。2.水撃による危害 ①栓の急閉止など給水栓などの急閉止によって、配管内に水撃が発生することがあります。製品の仕様圧力を超えるような水撃は、製品の性能に悪影響を及ぼす恐れがありますので、水撃の発生を軽減する処置を施して下さい。3.怪我など ①ねじ部の取扱いねじ部は鋭利な為、直接素手で握らないで下さい。怪我をする恐れがあります。4.騒音・振動 ①圧力変動時などによる影響流体の圧力が急激に変化すると通水部や弁座などに異常が生じ、騒音が発生する場合があります。取扱説明書をよく読んで製品の仕様条件をご確認の上、仕様条件を満たしてご使用下さい。 ②全開・全閉以外での使用全開・全閉以外では使用しないで下さい。中間開度で使用しますとキャビテーション現象や弁体の回転磨耗、振動、騒音などの発生及び製品の性能低下や止水不良を招きます。(ダブルロックバルブの流量調整ボールバルブや暖房システム用中間バルブは除く。) ③配管の振動水撃などによって配管の音鳴りや振動による騒音が発生する恐れがあります。製品の仕様圧力を超えるような水撃は、製品の性能に悪影響を及ぼす恐れがありますので、水撃の発生を軽減する処置を施して下さい。免責事項・安全に関するご注意

元のページ 

page 413

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です