ONDA総合カタログVol.37 2017-2018 株式会社オンダ製作所
411/472

2017-2018年度版 総合カタログ索 引取扱説明書免責事項・安全に関するご注意技術資料各種認証参考資料・索引9410検 査 方 式JIS製品認証とはJIS製品認証の仕組み日本水道協会認証登録品とは鉛の浸出基準改正2003年4月1日より施行日本水道協会認証登録品株式会社オンダ製作所関工場日本工業規格(JIS)製品認証株式会社オンダ製作所関工場 安心して水道水が飲めるように、蛇口などの給水用具には、構造・材質・品質についての基準が厚生労働省令で定められています。 日本水道協会認証登録品は、日本水道協会品質認証センターにより水道用具が厚生労働省令に定める基準等に適合しているかどうかを評価され、適合品として認証登録された製品です。登録品は市場に出る前に品質確認が行われ、基準適合品には品質確認マークが表示されます。 国により登録された民間の第三者機関(登録認証機関)の責任において、品質管理体制、及び製品試験が実施され審査を受けます。これらの審査の結果、JIS規格に適合した製品であることを認証されます。尚、審査は国際的な適合性評価に関するガイドを採用しておりますので、国際的に整合した認証制度(製品)になります。当社におきましても、右記製品の審査を受け、認証されております。 品質確認実施工場において、日本水道協会の検査員が立会い、検査申込数から抜取検査による品質確認を行う方式です。 日本水道協会品質認証センターによる検査方式には、「抜取検査方式」と「自社検査方式」があります。 日本水道協会が工場調査をし、品質確認実施工場の品質管理体制が整備されている場合、その工場で製造される日水協認証登録品を自社で検査する方式です。 当社製の継手やバルブは、給水装置の末端以外に配置されている給水用具で、鉛の浸出基準値は0.01mg/ℓ以下に改正されました。厚生労働省令 第138号 平成14年10月29日公布■品質確認マーク鉛の浸出基準値水栓その他給水装置の末端に配置されている給水用具0.001mg/ℓ以下※0.007mg/ℓ以下給水装置の末端以外に配置されている給水用具、又は給水管0.01mg/ℓ以下※主要部品の材料として銅合金を使用している水栓その他給水装置の 末端に配置されている給水用具の浸出液に係る判定基準認証登録品は浸出性能基準適合品です。(非飲用水用器具は除きます。)注:‌最高使用温度が95℃以上の日本水道協会認証登録品の浸出性能は、試験可能な最高温度95℃にて性能確認しています。■抜取検査方式とは…■自社検査方式とは…【認証製品】・架橋ポリエチレン管JIS K 6769(認証番号JW0407010)・水道用架橋ポリエチレン管JIS K 6787(認証番号JW0407011)・水道用架橋ポリエチレン管継手JIS K 6788(認証番号JW0407012)・水道用ポリブテン管継手JIS K 6793(認証番号JW0407013)(独)製品評価技術基盤機構(NITE)主務大臣(国)登録認証機関認証取得事業者市場(ユーザ)JISマークの表示報告徴収立会検査表示の除去・抹消命令販売の停止命令試買検査の実施・公表JISへの適合性の確保JISマーク品の販売・安定供給認証契約報告徴収立会検査適合命令、改善命令登録の取消是正措置、予防措置認証の取消定期的な認証維持審査臨時の認証維持審査JISマーク製品に関する申立て(苦情)JISマークJW

元のページ 

page 411

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です