ONDA総合カタログVol.37 2017-2018 株式会社オンダ製作所
339/472

2017-2018年度版 総合カタログ参考資料ミニチュアバルブCN型・AE型・AL型・AU型・AJ型・S型逆止弁付ボールバルブFF型・F型・FS型・T型・B型・BS型ステンレス製ボールバルブ・バルブ各種バルブフリーボール・イーボール・MR型早見表ねじボールガス栓電動ボールバルブRoHS指令対応ボールバルブ・バルブ5338ボール黄銅製とステンレス製(304・316)が有ります。・スタンダードボア:口径の1段落ちサイズ ・レデューストボア:口径の2段落ちサイズ※種類により構造はイラストと異なります。コンパクト電動ボールバルブの構造モータ手動操作ビスを緩め、直接操作機を回転させます。又は、コネクタ穴に六角レンチを差込み 回転させる事で、手動で開閉できます。 詳細は同梱の取扱説明書をご覧下さい。オーリング(パッキン)2本のオーリング又は、オーリングとパッキンのダブルシ−ル構造です。ステム(スピンドル)飛出し防止構造で、スラストパッキン付です。樹脂ケースポリカーボネート製で軽量です。ビス(4カ所)結線時にケースを外します。スペースヒータ結露防止のため操作機内に全点標準装備しています。端子台裸電線差込み上部ねじにて固定します。適合電線は0.14〜1.5mm2です。パッキン屋外における雨や湿気の侵入を防止します。リミットスイッチ全開、全閉のモータ停止スイッチとして使用しています。電線コネクタ適合ケーブル外径は、φ5〜φ10.5です。ボディ・キャップ黄銅製とステンレス製(304・316)が有ります。ボールシート用途によりPTFE、強化PTFE、特殊PTFEが組込まれています。ハウジングアルミダイカスト製です。■カタログの構成■自動弁の寿命○製品品番○仕様○Cv値○許容圧力と温度範囲○ON-OFF式品番の見方(各品番表の 色を参考にして下さい。) 各自動弁シリーズ別にバルブ仕様(許容圧力・許容温度・使用流体)を記載しています。 Cv値は流体を流す能カを示す流量係数で、各バルブシリーズは口径ごとに固有のCv値をもっています。Cv値は次のように定義されています。60°F(15.6℃)の清水を弁の差圧1psiに保って流したときの流量を USgal/minで表した数値。即ちCv値が大きいことは、流量を流す能力が大きいことを示します。各バルブシリーズの口径ごとにそのCv値が記載されています。必要流量、見込み差圧(圧損)から必要Cv値が計算でき、バルブの機種、口径の選定に利用できます。 各バルブの使用可能な流体温度範囲はその流体圧カにより限定されます。流体性状(ガス、溶剤等)により使用温度範囲内でも使用できない場合がありますので選定の場合は流体性状・仕様をご連絡下さい。100℃以上の水に関しては、蒸気対応型のシリーズ以外は使用できない場合がありますので注意が必要です。 操作機は20万回以上の耐久性を持ちますが、ボールバルブの寿命はその流体性状、使用条件により異なります。①②③④⑤⑥⑦電源電圧ランクボールバルブ仕様本体材質ボール材質ボールシート材質オプション(STシリーズ)①②③④⑤⑥⑦操作機型式ボールバルブ型式ボールバルブ口径例:25A→025CAA1100P55--2TTE1:AC100/110V(AC100V)0:標準5:Rcねじ込みY:黄銅T:PTFEA:切換フォーム(A)T:SCS13A・SUS304P:強化PTFEB:切換フォーム(B)U:SCS14A・SUS316F:特殊PTFE2:AC200/220V(AC200V)0:DC24V( )はCA1型の場合 ボールバルブの操作トルクは流体性状・差圧・温度、シート材質により大きく影響されます。諸条件を考慮し適切な操作機のサイジングが必要です。同じ口径でも流体仕様により操作機のサイジングが異なる場合があり、ランクコードで区別されています。本カタログ掲載の電動ボールバルブは、標準のランク0のみ掲載しています。 異物混入、粉体、高粘性流体(500cP以上)、粘着性流体に使用する場合は別途打合せが必要です。また、流体の成分がバルブ内部に析出・付着するおそれがある場合は使用条件、バルブ機種・ランクの選定に打合せが必要です。 0:清浄流体(100cP以下)又はそのシリーズの標準的な流体用 1:限定された圧カ・温度範囲、流体性状で選定/軽荷重用 2:溶剤、粘性流体(100〜500cP)/重荷重用 ランク1、2に該当する場合は別途ご相談下さい。○ランクと操作機サイジング○注意事項ランクコード自動弁選定の手引 すべての製品にアルファベットと数字で製品品番がつけられています。ご発注の場合は、下表の製品品番でご指定下さい。搭載操作機の選定に関しては操作機仕様(P343、344)を参照し、最適な制御方法を選択して下さい。 本カタログ掲載の電動ボールバルブは、受注生産の為、ボールバルブと搭載操作機を個々に在庫してご発注後に組立・検査しますので、納品には1週間から10日位の納期がかかります。 電動バルブの結線・制御方法、開閉時間、消費電流等の必要データは電動操作機仕様のページ(P343、344)を参照して下さい。各操作機型番別に、その特長、データが記載されています。電源の種類によりシンクロナスモータ、リバーシブルモータ、DCモータが有り、それぞれモータ保護機能が搭載されています。詳細はP343でご確認下さい。

元のページ 

page 339

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です