ONDA総合カタログVol.37 2017-2018 株式会社オンダ製作所
318/472

2017-2018年度版 総合カタログ参考資料ミニチュアバルブCN型・AE型・AL型・AU型・AJ型・S型逆止弁付ボールバルブFF型・F型・FS型・T型・B型・BS型ステンレス製ボールバルブ・バルブ各種バルブフリーボール・イーボール・MR型早見表ねじボールガス栓電動ボールバルブRoHS指令対応ボールバルブ・バルブ5317フリーボール®ハンドル位置自由自在ハンドルコンパクトボディ品番の見方呼び径(右記表)1306¹⁄₈³⁄₈¹⁄₄¹⁄₂0810M50808分類呼び径(右記表)MLRハンドルタイプ型式M:ストレートML:アングル-無 :標準(グリーン)MLR:ロング(赤)①コンプレッサー等の空圧機器②工作機械及び機器③銅管配管機器④小型ポンプ付属機器①バルブを全開状態にし、キャップ、ビス、ハンドルを取外します。②座金を外し、位置を変更する事で、ハンドル開閉方向を変更できます。③バルブ全開状態でハンドル位置を決めたら、スピンドルのセレーションに合わせてハンドルをはめます。④ビスにて、ハンドルを固定します。キャップの矢印とバルブの開閉方向を合わせてキャップをはめます。⑤船舶、農業用機器⑥計装用機器⑦その他産業用機械及び器具省スペース配管省スペースボールバルブと継手を一体化する事により、配管スペースが従来タイプの¹⁄₂で納まります。ハンドル開閉位置自由自在配管都合によりハンドル位置、開閉方向を自由に変更できます。ハンドル位置の変更は下記のハンドル位置変更手順を参照下さい。ハンドル標準ハンドル(グリーン)は、コンパクトで狭所での開閉に便利です。出荷時のハンドル閉方向は時計回りです。ロングハンドル(赤)は、握りやすく開閉操作がラクにできます。出荷時のハンドル閉方向は反時計回りです。ハンドル位置変更手順説明溝の方向で開閉状態が分かります。※イラストは説明の為、 溝に着色してあります。全開溝全閉キャップビスハンドルスピンドルバルブ本体座金座金の位置は上記のどちらかとし、中間位置等では、はめないで下さい。・●開→閉 時計回り●開→閉 反時計回りOPENOPEN中間位置SHUTSHUTひと山毎22.5°で角度調整可能です。ハンドル裏面セレーションボール方向ボール方向OPEN 時SHUT 時キャップ矢印とバルブの向き合わせる。ハンドル位置の変更は、使用者の責任において必ず上記手順に従って行って下さい。誤った取付けを行いますと、バルブの全開・全閉ができなくなったり、誤操作の原因になります。計装用機器コンプレッサー施工例時計回りOPENOPENOPENSHUTSHUTSHUT90°90°90°反時計回りOPENOPENOPENSHUTSHUTSHUT90°90°90°特 長40mmSHUTOPEN25mmSHUTOPEN標準ハンドルロングハンドル時計回り反時計回り

元のページ 

page 318

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です