ONDA総合カタログVol.37 2017-2018 株式会社オンダ製作所
247/472

2017-2018年度版 総合カタログ樹脂管システム2カポリ2ジョイントカポリエコポリエチレン管用継手リフォーム用部材クイックジョイント246 埋設に使用できる製品、埋設に使用できない製品で、マークの無い製品は使用用途が埋設対象外です。 P4を必ずご覧下さい。 ★は新製品カポリエコジョイントの特長3 ダブルロック構造4 回転自在ダブルロック構造で、管をしっかり固定します。管と継手を接続後でも管は自由に回転でき、ねじれ応力が残りません。仕様最高許容圧力1.75MPa使用温度範囲0℃〜95℃使用流体不凍液・冷温水用途エコキュート ヒートポンプ−貯湯タンク配管カポリエコパイプの内層(耐孔食銅合金管)と外層(耐熱ポリエチレン管)をそれぞれシールするダブルシール構造により、長期に渡って優れた止水性能を発揮します。接続はインコア挿入後ワンタッチ接続で、ロウ付け作業不要です。1 ワンタッチ接続2 ダブルシール構造ワンタッチ接続ダブルシール構造ダブルロック構造挿入目印マーキング(21mm)インコア挿入カポリエコジョイント接続手順説明この記号は、必ず実行していただく「強制」内容です。この記号は、してはいけない「禁止」内容です。この記号は、気を付けていただきたい「注意喚起」内容です。1パイプカッターで管軸に直角になるように切断します。 のこぎり等での切断及び2mm以上の斜め切断はしないで下さい。 切断した管に変形や外周キズがある場合は、再度管の切断をやり直して下さい。2管内面にキズやゴミが無いことを確認し、専用矯正工具(P248掲載)を奥までねじ込み、2〜3回転させ管内径を真円にします。3矯正工具を奥まで差込んだ状態で、XLマーカー(P160掲載)で工具に沿って管にマーキングします。(挿入深さは管の端面から21mmです。) 必ずXLマーカーを使用して下さい。4ポリキャップごと継手からインコアを取出します。 シール部の保護のため、ポリキャップからインコアを外さないで下さい。5管の変形や外周キズが無いことを確認して下さい。管にインコアをツバ部まで挿入します。 管が挿入ガイドにのぞまない場合はシール部品を傷付けるため、管の矯正をやり直して  下さい。 管にインコアを挿入した後、インコアを管から抜いて再施工しないで下さい。6インコアからポリキャップを取外します。管を持って継手に対して真っ直ぐにマーキング部まで挿入します。挿入完了挿入不足挿入完了挿入不足

元のページ 

page 247

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です