ONDA総合カタログVol.37 2017-2018 株式会社オンダ製作所
245/472

2017-2018年度版 総合カタログ樹脂管システム2カポリ2ジョイントカポリエコポリエチレン管用継手リフォーム用部材クイックジョイント244 埋設に使用できる製品、埋設に使用できない製品で、マークの無い製品は使用用途が埋設対象外です。 P4を必ずご覧下さい。 ★は新製品参考資料●クイックジョイントの寸法呼び径プラグ(P)タイプソケット(S)タイプQF14QF20●クイックジョイントの性能試験(社内規格)試験項目試 験 内 容結果水撃試験水撃試験装置にて止水圧0.8MPa(8kgf/cm2)動水圧0.07MPa、水温20℃の条件で約2.4MPaの水撃を20万回発生させ、漏れ、抜けその他異常のないことを確認する。(継手部以外の樹脂管破裂は良品とする。)異常なし高温耐久試験110℃の恒温槽に100日間保持後水圧2.5MPaを加え、漏れ、抜けその他異常のないことを確認する。異常なしヒートショック試験85℃の温水と20℃の水を各1分間通水させる間に、0.8MPaの圧力を各5回加えるサイクルを5万回繰り返し、漏れ、抜けその他異常のないことを確認する。異常なし高圧破壊試験ヘッダーにQPJ24型と架橋ポリエチレン管を接続し、常温で水圧をかけ破壊するまで加圧する。破壊圧力6.5MPa(樹脂管破裂)気密試験エアー圧0.6MPaを加え5秒以上保持し、漏れその他異常のないことを確認する。異常なし水密試験水圧20kPaを加え2分以上保持し、漏れその他異常のないことを確認する。異常なし耐圧試験水圧2.5MPaを加え2分以上保持し、漏れその他異常のないことを確認する。異常なし負圧試験内部を−54kPaまで減圧し2分以上保持し、吸込みその他異常のないことを確認する。異常なし熱間内圧クリープ試験95℃で規定の内圧を加え1000時間保持し、漏れその他異常のないことを確認する。異常なし引抜試験規定の荷重を加え1時間保持し、抜けその他異常のないことを確認する。異常なし●相当管長(単位:m)製品呼び径10A13A16A20AQPJ24型ダブルロックジョイント10A×QF140.4―――13A×QF14―0.3――13A×QF20―0.4――16A×QF14――1.6―16A×QF20――0.3―20A×QF20―――0.5QPL24型ダブルロックジョイントエルボ10A×QF200.5―――13A×QF20―1.0――16A×QF20――1.8―20A×QF20―――2.4QPB13型ダブルロックバルブ10A×QF140.3―――13A×QF14―0.4――16A×QF20――0.5―20A×QF20―――1.3QPJ3型コネクターQF140.10.31.2―QF20―0.10.20.7QSJ3型ソケットQF14―0.10.2―QF20―――0.1QSL3型エルボソケットQF140.62.18.5―QF20―0.31.23.4QST1型チーズソケット直流QF140.10.52.2―分流QF140.62.28.9―直流QF20―0.10.30.8分流QF20―0.31.23.3QPJ1型テーパおねじR¹⁄₂×QF140.20.62.6―R¹⁄₂×QF20―0.10.61.6R³⁄₄×QF140.20.72.9―R³⁄₄×QF20―0.10.30.8QSJ1型テーパおねじR¹⁄₂×QF140.10.31.1―R¹⁄₂×QF20―0.10.51.4R³⁄₄×QF140.20.62.3―R³⁄₄×QF20――0.10.3QPJ2型テーパめねじRc¹⁄₂×QF140.10.52.2―Rc¹⁄₂×QF20―0.10.61.6Rc³⁄₄×QF140.20.72.7―Rc³⁄₄×QF20―0.10.30.8注:ヘッダーは一律損失水頭1mとして下さい。架橋ポリエチレン管及びポリブテン管の相当管長です。φ26φ222φ17.9514.6φ22φ263.5φ18φ322.7φ28φ23.9515.9φ28φ322.7φ24●「配管王」対応クイックジョイントシリーズは、TOTO株式会社の「配管王」に対応しています。樹脂管床面クイックジョイントファスナークイック

元のページ 

page 245

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です