ONDA総合カタログVol.37 2017-2018 株式会社オンダ製作所
222/472

2017-2018年度版 総合カタログ樹脂管システム2カポリ2ジョイントカポリエコポリエチレン管用継手クイックジョイントリフォーム用部材221被覆カポリパイプW 耐候性仕様 ・ 被覆カポリメタルパイプ 耐候性仕様 耐候性能試験促進耐候性試験機(アイスーパーUVテスター)を用いて、耐候性能評価を行いました。●試料●試験条件・温  度:63℃・放射照度:780W/m2・降雨条件:スプレー2分/照射120分・放射時間:1,000時間 ※100時間=屋外1年相当●試験方法・架橋ポリエチレン管からダンベル片を作成し、試験機の試料台に固定する。・ダンベル片を覆うように被覆材の耐候性仕様及び、一般仕様を固定する。・紫外線照射後、ダンベル片の引張ストロークの変化を確認する。  ●試験結果引張ストローク変化引張強度保持率(%)試験時間(時間)耐候性仕様一般仕様紫外線照射量相当年数(年)100755025001002003004005006007008009001000012345678910強度保持判定基準促進耐候性試験機での評価により、被覆材耐候性仕様が屋外暴露10年相当の耐候性を有することを確認しました。注:試験結果は当社測定値であり保証値ではありません。被覆カポリパイプW耐候性仕様(P50掲載)被覆カポリパイプWホワイト(P49掲載)試験前試験後参考資料1,000時間(10年相当)ダンベル片被覆材強度保持率:約90%変   色:ほぼ無し強度保持率:ほぼ0%変   色:有り耐候性仕様一般仕様架橋ポリエチレン管ダンベル片耐候性仕様一般仕様

元のページ 

page 222

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です