ONDA総合カタログVol.37 2017-2018 株式会社オンダ製作所
188/472

2017-2018年度版 総合カタログ配管部材ヘッダー・変換アダプターWT型・WX型WL型WJ型保温材・取付金具ダブルロックバルブ・保温材WPJ型・WPL型・WPT型特長・工法別・早見表洗濯機用コンセント・水栓ジョイント施工例・参考資料架橋ポリエチレン管・ポリブテン管ダブルロックジョイント1187参考資料樹脂管の接続は最後までしっかり押し込んで下さい。不完全な接続は漏水の原因になります。樹脂管切断樹脂管の外面にキズが無いことを確認し、管軸に直角に なるように切断して下さい。インコア挿入インコアを樹脂管に差込みます。(根元まで完全に押し込んで下さい。)指で差込みづらい場合は、木ハンマーで圧入して下さい。インコアは樹脂管の変形を矯正し、長期間シール性を維 持する役割がありますので必ず差込んで下さい。樹脂管挿入継手内面・樹脂管外面の異物付着やキズなど異常の無い事を確認し、樹脂管を継手に真っ直ぐ押し込みます。シールの平面(赤線等)又はマーキングの位置が継手の端面まで入ると正しい施工です。挿入確認シール又はマーキングの位置で挿入深さを確認します。樹脂管を引っ張り、抜けないかを確認します。樹脂管を少し回 転させ継手となじませます。挿入深さ確認の為、シールは貼り付けたままにして下さい。インコア取出し継手に貼られたシールをはがし、インコアを取出します。(インコアは逆向きに入っています。)挿入深さマーキング※漏水事故防止の為、必ず●ⓐ〜●ⓓのいずれかの方法で挿入深さをマーキングして下さい。ダブルロックジョイントパイプカッターと専用マーカーでマーキングします。❶❹❺❻❷❸・継手に挿入する樹脂管は真っ直ぐに矯正して下さい。曲がった状態では挿入が固くなり、挿入不足の原因となります。・樹脂管は継手に対して真っ直ぐに挿入して下さい。斜め挿入では挿入が固くなり、挿入不足の原因となります。パイプカッター90°樹脂管斜め切断継手インコアシール13A10Aシールマーキング位置挿入深さ切断位置確認線目印くん専用マーカー専用マーカー樹脂管●ⓐ●ⓑ●ⓒ●ⓓ挿入完了挿入不足斜め切断※2mm以上の斜め切断はインコアのライン で判定できます。接続手順1の樹脂管切 断からやり直して下さい。真っ直ぐ挿入異物・キズ等が無いか確認挿入完了挿入不足斜め挿入汚れ・スリキズカッターキズダブルロックジョイント 接続手順※2mm以上の斜め切断やのこ歯、カッターナイフでの切断は不可です。 必ず市販のパイプカッター又はダブルロックジョイントパイプカッター(P163掲載)をご使用下さい。はがしたシールをインコア挿入部の 長さに合わせ、樹脂管に貼り付けます。又は専用マーカー(P160掲載)で樹脂管にマーキングします。予め樹脂管に目印がマーキングされているカポリパイプW(P48掲載)、又は当社ポリブテン管(P53掲載)を使用します。マーキングの位置が簡単に分かる目印くん(P160掲載)と専用マーカーでマーキングをします。せまい場所での樹脂管接続には、パイプクリッパーやパイプクリッパーⅡ (パイプ接続補助工具)が便利です。(P164掲載)

元のページ 

page 188

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です