ONDA総合カタログVol.37 2017-2018 株式会社オンダ製作所
149/472

2017-2018年度版 総合カタログ配管部材ヘッダー・変換アダプターWT型・WX型WL型WJ型保温材・取付金具ダブルロックバルブ・保温材WPJ型・WPL型・WPT型特長・工法別・早見表洗濯機用コンセント・水栓ジョイント施工例・参考資料架橋ポリエチレン管・ポリブテン管ダブルロックジョイント1148 埋設に使用できる製品、埋設に使用できない製品で、マークの無い製品は使用用途が埋設対象外です。 P4を必ずご覧下さい。 ★は新製品71087.517038.4R150546780全高87.5mmで納まりがよく、低床施工等に最適です。①ストッパーをサヤ管に通します。②サヤ管をサポートに通し、Rに沿わせて曲げ、ストッパーで仮固定します。③サポートを床面に固定します。※サドル等で、サヤ管の固定ができない場合は、バインド線等でRの保持を行って下さい。サヤ管のズレを防ぎ、樹脂管が通管し易くなります。固定台座10mm間隔でズラせます。サヤ管サヤ管サポートストッパーバインド線固定台座10mm間隔でズラせます。サヤ管サヤ管サポートストッパーバインド線施工方法L3HR2R1L2L1◯1◯2◯3◯4調整サポートに管を通し両端をテープで固定し、トロ防止をします。調整サポートの下穴に端尺鉄筋(3分)を通し、配筋に結束固定します。コンクリート打設後、調整サポートの露出部分をナイフ等で切断します。(管をキズ付けないように切って下さい。)立上がり部を調整(移動)した後、穴を埋め戻し配管して下さい。テープ施工方法L2H26.5φDL126.5ノックアウト◯1逆さエンドにサヤ管を奥まで差込み横穴に端尺鉄筋(3分)を通しスラブ配筋に結束固定します。◯2コンクリート打設後、ハンマー等でノックアウトを打ち抜きサヤ管を引き出します。施工方法サヤ管を鉄筋等に結束する場合に使用します。ビニール被覆が施してあり管を傷めません。ベルト掛けできる便利なクリップに束ねてあります。品番適合サヤ管入数価格(円)SN-22SO-S22・2520840注:本品は立上げR150(サヤ管22(樹脂管10A)の推奨R)で設計してあります。 樹脂管13Aを使用する場合には必ず事前に通管確認を行って下さい。品番適合サヤ管L1L2L3HR1R2入数価格(円)大小SNC-2222・25・283002101453713020040― 810SNC-22L22・25・283672031453720036020― 860SNC-3630・363972021414630045020―1,020注:サヤ管28を使用する場合は、調整サポートの両口を切断してご使用下さい。品番適合サヤ管L1L2HφD入数価格(円)大小SNJ-2222250386527.55010540SNJ-22F25250487630.53010630SNJ-282825048763430 1630SNJ-28F30250487636.530 1630注:ご注文の最低ロットは入数小単位にてお願い致します。品番規格入数価格(円)大小CB-1B(φ0.9×450mm)×100本20―1,380CB-2B(φ0.9×650mm)×100本10―2,260逆さエンド 調整サポート(立ち上げ用) サヤ管サポート45° CDバインド 

元のページ 

page 149

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です